ホワイピュア・怖いとネット検索をした時に様々なことが書かれたページが出てきました。

実は、ホワイピュアは医薬部外品といって病院で出されている医薬品のように強い副作用を持つことはありませんが、軽い副作用のような症状が出てもおかしくないものなのです。

実際に使用した方の中にはこんな口コミを書いている方がいました。

■年齢不明
いつも買っているファッション雑誌を見てホワイピュアを知りました。
届いたその日に飲むと、それが原因かはわかりませんがお腹の調子が悪くなりました。

これまで様々な美容系サプリを使用してきましたが、体に不調が現れたのは初めてでした。

ホワイピュアの口コミが良かったため、自分には合わない成分があったせいで飲めないのが残念でなりません。

医薬部外品であるホワイピュアは怖いのではなく、用法容量をしっかり読んで副作用の中に書かれている内容に目を通してから始めるよう心掛けて頂きたいと思います。

パッケージの裏にも記載がありますが、吐き気や下痢といった胃腸のトラブルや、発疹や肌が赤くなるといった目に見える異常をきたした場合は使用を中止してください。

そのまま飲み続けると、もしそれがアレルギー反応だったとしたら命に関わることへ繋がりかねません。
こういったことを受けて、ホワイピュアを怖いと思うのではなく、服用をする前は成分や注意書きに目を通し、服用した後は体に異常がないかを確認して続けていくことが大事だと言えます。

 

副作用のリスクについて知っておきましょう。

まず、ホワイピュアの副作用に触れる前に成分について紹介したいと思います。

ホワイピュアの成分は大きく5つです。
・L-システイン→メラニンの過剰な生成を抑制排出する効果
・ビタミンC→メラニンの生成を抑え、コラーゲンを生成する効果
・ビタミンB2→皮膚や細胞の新陳代謝の促進する効果
・ビタミンE→メラニンの沈着を抑え、紫外線を防御する効果
・ビタミンB6→肌の健康維持と、皮膚の代謝を促進する効果

とそれぞれ役割があり、その効果を主としてホワイピュアは作られています。

この成分の中に、ホワイピュアの副作用を引き起こすものがあるのです。

まずは、女性の生理周期や経血の量へ影響を及ぼすビタミンEが含まれています。
このビタミンEは、女性ホルモンに影響を与えてしまうことがあります。
症状が続く場合は使用を中止してください。

次に、ビタミンBの影響で尿の色が濃くなることが報告されています。
特に体に害があるわけではありませんが、ビタミンBが体内の青い色素を抑えてしまう作用があるため黄色の色素が目立ってしまう傾向にあるようです。

健康診断などが控えた前日は、こういったホワイピュアの副作用を考え、服用を中止した方がいいかもしれません。

成分としては、魚や植物からできたものなので、副作用が起きるリスクは低いとは考えられています。
ですが、なんらかの異常があった場合はすぐに使用を中止してくださいね。